マイクロチップ装着のメリット・デメリット

マイクロチップを埋め込むと、迷子になってとしても、居場所が分かると言う優れもの。

「これは便利だ」と思いますが、日本での普及はまだ低いようです。

そこで、マイクロチップに関する情報と、メリット・デメリットを紹介いたします。

マイクロチップとは

動物用のマイクロチップとは
・長さ
8~12ミリ、直径2ミリ程度の円筒状で、中にはアンテナとICを内蔵しています。

・世界で1つしかない15桁の数字が、割り当てられていて、データベーと連動しています。

データベースには

・ワンちゃんの情報

・飼い主の名前

・住所

・電話番号

などが登録できます。

アイクロチップの耐用年数は、30年程で、登録料も含めて、5,000円前後で埋め込めるそうです。

マイクロチップは、ペットショップなので扱っている所もありますが、マイクロチップ扱っている動物病院へ行くのがいいと思います。

ペットを海外へ連れていくには、マイクロチップ埋め込み証明書が必要になりますし、逆にペットに関わらず、犬・猫を海外から日本へ連れてくる時も、証明書の提出が必要になります。

マイクロチップ装着のメリット

☆身元確認が取れる☆

迷子や何らかの事故で飼い主さんと離ればなれになり、どこかで保護された場合、自治体や動物病院に設置してあるリーダーで読み取ります。

☆迷子札のようなデメリットがない☆

迷子札は水で文字が消えたり、札自体も外れる可能性があります。

しかしマイクロチップは、体内に埋め込んであるので、消えたり外れたりしません。

☆耐用年数が長い☆

耐用年数が約30年ですので、一度埋め込めば半永久的に使用できます。

抜く必要もありません。

☆副作用がない☆

副作用や、ショック症状等の報告も無いようです。

レントゲンやCTスキャン操作にも影響はないそうです。

マイクロチップ装着のデメリット

☆装着時は少々痛い☆

痛みは普通の注射と同じくらいなので、心配はないと思います。

病院によっては局部麻酔を使うところもあります。

☆時には情報の書き換えが必要☆

引越し等により、登録情報が変わった時は、都度、情報の書き換えが必要となります。

情報が古いままですと、いざと言う時に何も役に立ちません。

気をつけましょう。

☆リーダー読取器がないと確認できない☆

マイクロチップを装着していても、読取器がないと情報は読み取れません。

また登録団体が違うと専用リーダーも違う場合が多く、読み取れないので確認が必要となります。

主要施設にはAIPOのリーダーしか用意されていないので、AIPOにも登録が可能です。

この様な状況も考え、念のため、迷子札のつけておくことをお勧めします。

まとめ

我が家には2匹の小型室内犬がいますが、不要だと思っていました。

しかし、旅行先や災害に見舞われた時のことを考えると、必要なのではと思い始めました。

愛犬がいなくなって後悔するなら、思い切って装着した方がいいのかもしれませんね。



シェアする

フォローする