愛犬の涙やけは改善できる!原因がわかれば対策だってあります

愛犬の涙やけで悩んでいる飼い主さんはたくさんいると思います。

我が家のトイプードルは毛色がホワイトなので、涙焼けがとても目立ちます。

他にもマルチーズやシーズーもそうですし、毛色がブラン系のヨーキーも一見分かりにくいですが、涙やけになりやすい犬種です。

自宅で消毒をしたりしていたのですがあまり変化はなく、何かいい対策はないかと色々調べてみました。

そこで今回は涙やけの原因と、その原因を取り除ける、或いは少しでも軽減できる方法を紹介致します。

飼い主さん、あきらめるのはまだ早いですよ。

その1 涙やけの原因と対策

涙やけには先天性要因と外的要因に分けられます。


先天性要因

【鼻涙管閉塞】

涙は鼻涙管と言われる涙腺を通って鼻から排出されますが、生まれつきこの鼻涙管が塞がっている場合は涙の排出する場所がないので、目から溢れ出してしまうのです。

遺伝ではなく、次第に狭くなったと言う場合は、食事が原因ではないかと思われます。

【逆さまつげ】

外側に向かって生えている毛が、内側に向かって生えているため、眼球の角膜表面にキズをつけたり、炎症を起こして多量の涙が出てしまう症状を言います。

抜くことで改善は出来ますが、また生えてきて再発はします。

費用の相場は、3,000円くらいと言われています。

【眼瞼内反症】がんけんないはんしょう

瞼のふちが眼の内側に入ってしまっているため、眼の表面がこすられてその痛みで涙が出るものなのです。

完全に治療するのであれば、手術が必要となります。

費用は、約35,000円以上はかかるようです。

犬のアイケアサプリメント「アイズワン」

外的要因

【チリやゴミなど】

人間も強風の日などによくあることですが、異物を取り除いてあげれば多量の涙は出なくなります。

犬は人間よりも低い位置にいます。

ですので上からのホコリだけではなく、床のチリやほこりが舞っているので、人間よりも目に異物が入りやすいのです。

ですので涙やけが出てからではなく、日頃から目の周りを拭いてきれいにしておくことが大切です。

【体 質】

春になるとおかしくなるとか、ペット用ミルクなのに何日かあげているとおかしくなると言う場合は、環境からの原因が大きいので一度動物病院で検査してもらいましょう。

ある特定の物を食べた続けた時にだけ症状がでる場合は、アレルギーとも考えられます。

また季節によって変化が出るのは花粉症とも考えられます。

犬が花粉症?と思うかもしれませんが、糖尿病なども昔は犬には無縁の病気でした。

犬の生活環境も食生活も変わってきているので、抵抗力が弱まったのかもしれません。

【代謝・おしっこ】

一度、おしっこの色をチェックしてみてください。

起床直後も日中も濃い色であれば、水分が足りていないのでしょう。

腎臓は24時間休まず老廃物を溜めて、おしっこと一緒に排出する働きをしています。

しかし少量の水分しか摂っていないと、いつまでも体内に老廃物が残るので、体内中の水分が出そうな部分から濃い老廃物がにじみ出てきているのです。

摂取する水分が少ない一番の原因は、代謝が悪いことと考えられます。

適度に運動をして水を飲み排泄することで、体内の老廃物が排出されます。

この循環がストップすると、体内の老廃物は涙にも混ざって出てくると言うワケです。

【食べ物が合わない】

最も考えられる原因がフードやおやつです。

一度ドッグフードや、おやつの袋の裏面の原材料と成分表を確認してみて下さい。

肉の種類が明確でないものは、健康な獣肉ではないものがミックスされている可能性がある為、配合をきちんと表示できない場合があります。

この様な肉を使用していた場合、フードと一緒に不純物も体内に入ります。

また保存料や添加物も長期保存のために人間の加工食品では使用できないものが入っている可能性があります。

つまり自然食品から遠い食品ほど、体内に不純物が残るのです。

これが涙と一緒に排出されるのです。

ただしフードの原材料の明記がはっきりしていて、保存料や着色料も安全なものを使用しているのに涙やけが軽減されない場合もあります。

その原因のひとつに、フードに含まれる成分の割合です。

私は以前ドッグフードの正しい選び方を調べ、ウチの愛犬に最も合いそうなフードを見つけました。

開封した時も自然の香りで、トイプードルの涙やけの症状も軽くなりました。

ところが同じメーカーで他のシリーズに替えたところ、また涙やけの症状が重くなりました。

そこで成分表をよーく見てみると、たんぱく質の量が違ったのです。

症状が軽いときのフードのたんぱく質は21.0%で、症状が重かった時のフードのたんぱく質は26.0%でした。

つまり、トイプードルにとってこの5%のたんぱく質が多いのです。

体内に吸収すべき量を超えていたのでその分は血液中に残り、涙と一緒に排出されていたのです。

我が家の様な例もありますので、フードやおやつに関しては一度調べてみるといいですね。


犬のアイケアサプリメント「アイズワン」

その2 涙やけ対策にはまず健康な生活から

【お 散 歩】

我が家のトイプードルは超小型犬なので外で軽く遊ばせていればいいと思っていたのですが、今はよく歩かせて、よく遊ばせています。

そうすることで、水分を多く摂り、おしっこと共に老廃物が出るようになります。

さらに夜は疲れてぐっすり寝るので、健康そのものです。

【食事・おやつも自然なもの】

私はドッグフードやおやつを買うときは、いつも原産国と保存料をチェックしています。

原材料も素材そのものに近い状態のもの(豚耳とかさつま芋カットなど)を選ぶようにしています。

生活を変えたからと言って、急激に何かが変わる訳ではないのですが、少しずつ老廃物が排出され、健康な体になっていっていると思っています。

犬のアイケアサプリメント「アイズワン」

その3 まとめ

いかがでしたか?

先天性の場合は、獣医さんと相談するのがいいようですね。

また外的要因は家庭でも対処できる事柄がほとんどです。

目の周りを清潔に保ちながら運動や食事に気を配る。

自宅で目の周りをキレイに拭いてもなかなか落ちない時は、自宅でシャンプーをしてみてはどうでしょう。

自宅でのシャンプーが難しいようであればトリミングサロンへ連れて行ってみてはどうでしょう?

我が家のトイプードルも毎日きれいに拭いているのですが、なかなか色が落ちません。

ところがトリミングサロンへ連れて行った後は、目の周りがすっきりキレイになっていました。

目の周りなどを洗うと嫌がるワンちゃんもいますので、ワンちゃんが嫌がらいように試してみてはどうでしょうか?

シェアする

フォローする