去勢の本当の効果とメリット デメリット

近年、犬を飼う人が増えたこともあり、犬の医学も進歩しています。

そして仔犬を迎えたら去勢する飼い主さんも増えてきました。

去勢をすると色んな効果があると言われていますが、実際どうなのでしょうか?

よく言われる去勢の効果

①マーキングをしなくなる

これはほぼ効果はありません。

我が家には2匹の小型犬がいますが、2匹とも手術可能な時期に入ってすぐに手術をしました。

しかし2匹とも足を上げてオシッコをしますし、オスどうしなので1匹がオシッコをすると必ず2匹目がその上からオシッコをかけています。

②ケンカを軽減できる

これも効果は少ないでしょう。

他の犬とすれ違った時に攻撃的になるのは、ホルモンの関係と言うより、性格やこれまで育ってきた環境が関係していると言えるでしょう。

③生殖器に関係する病気を防ぐ

これは効果があります。

病気にならないわけではないのですが、未然に防げます。

生殖器に腫瘍が出来たりすることで、オシッコや排便が困難になるのです。

犬は痛みをあまり感じないので、重症になるまで飼い主さんも気づかないことがあります。

命に関わることなので、よく覚えておいたほうがいいでしょう。

④望まない繁殖をなくす

効果があります。

特に室内で、オスとメスで飼っている方は必要ではないのでしょうか?

去勢することのメリット

これは言うまでもなく、

・望まない妊娠をなくす

・生殖器に関係する病気を防ぐ

両者ともワンちゃんと楽しく生活していく上では重要なことだと思います。

去勢することのデメリット

①太りやすくなる

全てのワンちゃんに該当するわけではないのですが、よく獣医さんから術後に言われることです。

これはホルモンの影響によるものです。

ですので我が家では去勢後はずっと体重管理をしています。

②手術時の麻酔

手術をするときは全身麻酔をします。

人間にとっては大きな問題ではないのですが、動物にとってはリスクが高くなります。

事前に血液検査を行ったり、持病などがないかは確認されますので、信頼できる獣医さんであれば、心配ないのですが、頭の片隅に記憶しておきましょう。

③費用が高い

これはどの地域でも大差はありません。

小型犬、中型犬であれば2万円前後、大型犬であれば3万円程度です。

ただし、犬の大きさだけではなく、年齢が上がるにつれて高くなっていきます。

少々高額かと思われますが、前立腺の異常で手術を受けたり、これが夜間の救急病院であった場合、治療費が約10万円にもなります。

どちらがいいのでしょうか?

手術を受けるのに適した時期

年齢としては生後6か月~1年の間がベストでしょう。

1歳を過ぎると性格や習性が定着してきますので、効果が表れない可能性があります。

その他早い時期がいい理由として、幼犬は「痛い」と言う感覚がまだよくわからないのですが、高齢になるにつれて、痛がると獣医さんに聞きました。

我が家の10歳になるパピヨンもそんなに痛いこともしていないのに、「キャン!」と吠えるようになりました。

ですので、いろんな意味でも早めがいいと思います。

まとめ

1歳にも満たない愛犬に麻酔をかけ手術すると思うと、かわいそうだと思うでしょう。

このまま何事もなく楽しい生活を送ってくれれば安心です。

しかし去勢をしていれば防げた病気になった場合、後悔しか残りません。

かわいいワンちゃんの為に何が一番大切かを考えてみましょう。

シェアする

フォローする