肉食のワンちゃん 食べてはいけない肉ってあるの?

先祖がオオカミである犬は肉食動物です。

野生の肉食動物は生き延びていくために種類を選ばず食べていますが、果たして家庭で飼われているワンちゃんに与えてはいけない肉ってあるのでしょうか?

食肉の種類と与え方

【牛肉】

食べても大丈夫です。

生の牛肉は消化しやすいので、内臓にやさしい肉です。

しかし、生の場合は寄生虫などには十分気をつけなければいけません。

【鶏肉】

食べても大丈夫です。

良質なタンパク質を含み、特にササミは低カロリー・低脂肪なので、安心して与えることができます。

生肉はサルモネラ菌がいるので、加熱は必須です。

また、骨が柔らかいので、噛んだ後にのどや胃腸に刺さる恐れがあるので、骨は取り除いてから与えましょう。

【豚肉】

与えても大丈夫です。

この肉も虫が存在するので、生肉は厳禁です。

脂身が多い部分があるので、与えすぎには気をつけましょう。

【羊肉】

与えても大丈夫です。

ビタミンB群の含有率が高いので、体の各部位にエネルギーを送る働きをします。

脂肪が少なく、人もワンちゃんにも体にやさしい肉です。

【鹿肉】

家庭で食べる機会がほとんどありませんが、ドッグフードに稀に含まれていることがあります。

高タンパク・低脂肪

食欲が増すだけではなく、骨も丈夫にし、毛艶もよくなります。

これも生肉は厳禁です。

そして添加物を食べて育った鹿ではなく、ハンターが狩りをした食肉をそのまま加工した肉を選んでください。

そうすると食物アレルギーを持つワンちゃんでも安心して食べられます。

【鴨肉】

不飽和脂肪酸が含まれており、これは青魚の脂と同様、コレステロールを減らすのに適しています。

ビタミンB群は代謝を助けてくれます。

カリウムも含まれているので、利尿作用や血圧を下げる作用をします。

最近では犬社会でも成人病が増えてきているので、適した肉と言えるでしょう。

【馬肉】

馬肉は高タンパク・低カロリーなので、積極的に取り入れるといいでしょう。

体内で合成されない必須アミノ酸がバランスよく含まれています。

酵素が豊富に含まれているのですが、やはり寄生虫の心配もあるので、加熱して与えましょう。

【猪肉】

この肉も不飽和脂肪酸が含まれています。

ビタミンB12が多く、豚肉の4倍も含まれています。

これは三大栄養素の代謝を助ける働きがあります。

吸収のよいヘム鉄も含まれているので赤血球が酸素を運ぶ手助けをしてくれます。

この肉、特に野生の猪は寄生虫やウイルスを持っている可能性が非常に高いので、十分に加熱しましょう。

また、購入の際はプロが加工した、冷凍ものを選びましょう。

普段は牛肉、豚肉、鶏肉がメインですが、与えていい肉はたくさんあるのです。

調理法に気をつけて、時々与えてみてはどうですか?



シェアする

フォローする