コーヒーの飲みすぎには注意 効果的な飲み方とタイミングはコレ!

コーヒーは体にいいと、最近言われていますが、だからと言ってむやみに飲んでも、体に害をきたすこともあり得ます。

では、どのように飲めばいいのでしょうか?

完熟豆使用!「森のコーヒー」をお得にお届け!

コーヒーを飲むタイミングと効果的な量

人によって違いはありますが、おおよそ1日3~4杯が目安です。

1日にこれ位の量を飲む人は、全く飲まない人よりも、心臓や脳血管系の病気での死亡リスクが4割も低いのです。

この量より少ないと効果が出ないわけではありませんが、やや低いと言えます。

だからと言って、たくさん飲めば効果が大と言うわけでもなく、むしろ胃痛の原因となる場合もあるので、気をつけましょう。

飲み方は、ブラックをホットで飲むのがベストです。

コーヒーは体を冷やす作用があります。

香りを楽しみ、リラックス効果を求める場合、アイスコーヒーは香りがほとんどなくなりますので、やはりホットをお勧めします。

ブラックが苦手なかたは、薄めにするとか、低脂肪のミルクを少々入れるといいでしょう。

家庭でコーヒーを飲むかたは、豆を購入し、自宅で挽いて沸かすと言うのが、鮮度や香りもいいので、一番いいと思います。

時間がない時は、コーヒーメーカーで沸かしてもいいですし、インスタントコーヒーでも効果は変わらないようです。

農薬・化学肥料不使用『森のコーヒー』

コーヒーを飲む時の注意点

①カフェインの過剰摂取

カフェインには、覚醒作用があります。

目覚めに飲むのはいいのですが就寝前に飲むと、寝つきが悪かったり、眠りが浅くなって翌日は睡眠不足にもなり得ないので、就寝前に飲むのは控えましょう。



今、クチコミで話題の「極上のコーヒー」をご紹介します。

②利尿効果

実際、僅かですが利尿効果も見られます。

むくみ対策など、いい方向で発揮されればいいのですが、就寝前に飲むことで尿意と覚醒作用とで質のよい睡眠が取れなくなる場合もありますので、気をつけなければいけません。

③砂糖・ミルク&おやつ

コーヒーはブラックで飲む方もいれば、ミルク、砂糖、そしてコーヒーショップであれば生クリームやトッピングもあります。これが、体に悪いと言われる原因なのです。

ブラックコーヒー、200ccで6Kcal未満ですが、ミルクは1ポーション5ml7~20Kcal砂糖は1杯分で11Kcalになります。

コーヒー自体は高カロリーではないのですが、1日4杯でミルク入りを、そしてスイーツも追加となると、たちまち摂取カロリーが増えてしまいます。

ブラックコーヒーは糖尿病のリスクを下げてくれますが、砂糖は血糖値を急激に上げてしまうので、糖尿病改善を台無しにしてしまいます。

甘いものと一緒に飲む時は、極力ブラックコーヒーで、或いはミルクは低脂肪、砂糖は人工甘味料 と言う様に工夫したほうがいいですね。

④胃が荒れてしまう可能性                       

コーヒーには「クロロゲン酸」と言うものが含まれており、胃液の分泌を促進させます。

1日に1~2杯飲むという場合は問題はないのですが、クロロゲン酸がより多く含まれている浅煎りコーヒーを飲むと、胃が荒れ、胃痛の原因になります。

1日に何杯も飲むという方は、空腹時を避け、クロロゲン酸があまり含まれていない深煎りコーヒーを飲むようにしましょう。

まとめ

コーヒーが苦手と言うかたは、薄めにして、少量からにして、ミルクや砂糖をたっぷり入れていたかたは、極力ブラック或いは低脂肪のミルク・砂糖にしましょう。

いずれにしても、無理をせず、自分に合った飲み方で、楽しく飲むことが一番の健康への近道だと思います。



50万人以上に愛される「森のコーヒー」を毎月お届け

シェアする

フォローする