日焼け対策は外側からも内側からも必要です 効果的な食材とグッズの紹介

暖かくなってくると日差しが徐々に強くなってきます。

すでに日傘をさしている女性の方もいらっしゃいますが、最近では男性も何がしらの日焼け対策をしているのを見かけます。

日焼け対策と言えば日焼け止め、日傘、サングラスなどのグッズがあります。

ところが日焼けに効果的な食べ物もあったのです。

外側からは、日差しを皮膚に当てないようにしてダメージを防ぐ。

それと同時に体の内側から紫外線をシャットアウトして健康な肌を維持する。

この方法を取れば、少しは安心して外出できるのではないでしょうか?

今回は、外側からだけではなく内側からも日焼け予防と対策ができる方法を紹介致します。

とても簡単なので、ぜひ試してみてくださいね。

外からの日焼け対策🌈

紫外線対策と言えば、まずは外側からですね。

今は日焼けに関して多くの情報が飛び交っていますので、収集してみるといいですね。

🌞日焼け止め

陽ざしの強さに応じで、PA、SPFを見て購入しましょう。

使い方の手順は以下の通りです。

1⃣乾いたままの肌では浸透しないので、洗顔後或いは化粧水をつけてから塗りましょう。

2⃣塗り方は均一に伸ばし、よく焼ける部分は2度塗りをするといいでしょう。

3⃣均一に塗った後は、手の平で押さえてしっかりと浸透させましょう。

4⃣日焼け止めは知らないうちに汗なので落ちているので、長時間の外出の時は、塗りなおす必要があります。

ファンデーションをしている場合は、スプレータイプのものが重宝します。

女性のかたは、日焼け止めだけではなく、ファンデーションも日焼け対策用の物を使うと効果

がアップします。

🌞衣類系のグッズ

毎年日焼けグッズの種類が増えてきているようですね。

アームカバーをはじめ、襟元用のネックカバー、手の甲と肘下までが覆われているハンドカバー等色々です。

日焼けを防ぎたい場所に応じて選ぶといいのですが、購入の際は必ずUVカット付きとカット率であることを確認しましょう。

🌞日 傘

最近は年齢を問わず、また陽ざしが気になる夏前から日傘を使うかたも増えてきています。

選び方は遮光率が高いものを選びましょう。

日傘は直射日光を遮るようにさしますが、地面からの照り返しにも紫外線があることも覚えておきましょう。

照り返しが気になる場合は、フェイス用のカバーを使うといいですね。

🌞サングラス

最近のサングラスはUVカットとブルーライトカット両方の機能を持ち合わせている商品が出回っています。

ですので日常生活やパソコン・スマホを使う時や、スポーツの場面でも使えます。

選ぶ時は、サイズの合ったもの、UVカット効果が高いものにしましょう。

🌞室内でも注意する

外出しなければ大丈夫と思って安心してはいけません。

特に窓際は紫外線が入ってくるので、肌のダメージを受けるのです。

カーテンを閉めるか、窓際に長時間いることは避けましょう。

それでも気になる場合は、日焼け止めクリームもつけておきましょう。

内からの日焼け対策🌈

日焼けはやけどに近い状態になるので、対策をしないと肌トラブルの原因となります。

強い日差しによって肌表面の水分が失われ、乾燥状態になります。

肌の色が白い人は赤くやけどした状態になりますし、赤くならない場合はそのまま肌の色が濃くなり、シミに変わっていきます。

そして対策を取らずに長年放っておくと、シワやたるみの原因にもなります。

これを少しでも防ぐ方法として、食べ物があります。

紫外線対策は年中することに越したことはないのですが、特に夏場は気をつけるようにしてみましょう。

ビタミンA🥕🍅

ビタミンAは高い抗酸化作用があり、ガンを予防してくれます。

それだけではなく、皮膚や粘膜を保護してくれるので、皮膚ガンの予防にもなります。

人参、ブロッコリー、カボチャ、トマト、レバー

ビタミンC🍓🍋

ビタミンCはメラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防いでくれます。

美白化粧品にもよくビタミンCが配合されています。

いちご、ゴーヤ、ブロッコリー、パプリカ、小松菜、さつまいも

ゴーヤはまさに夏ならではの野菜と言うことですね。

ビタミンE🥚🥜

肌の新陳代謝や血行を促進し、肌の老化を防いでくれます。

そうすることで、いつまでもみずみずしい肌を保てると言うことですね。

卵、アーモンドやナッツ類、ごま、ウナギ、大豆食品

控えたい食べ物・・・ってある?🌈

主に柑橘類が紫外線に影響あると言われたことがありました。

それがソラレンと言う物質で、野菜や果物に多く含まれているのです。

きゅうり、パセリ、セロリ、キウイ

しかし、ソラレンに詳しい教授達が調べたところ、確かにソラレンが含まれてる野菜や果物はあるが、紫外線に影響する時は、かなりの数を食べない限り影響は出ませんと言う結果が出たそうです。

ですので、あまり気にせずに効果のある食材を摂るようにすればいいようです。

まとめ🌈

いかがでしたか?

日焼け対策グッズもたくさんありますが、体の中から対策ができる食材も色々とあります。

日焼け止めクリームはすぐにできる対策です

紫外線は、強かれ弱かれ年中発していますので、常に1本は持っていましょう。

男性は日焼けと言えば小麦色のようなイメージを持っているでしょうが、長年直射日光に肌を当てているとシミになってしまいますし、皮膚がんと言うこともあり得ます。

未然に防ぐためにも、日焼け対策グッズを揃えて、日焼け対策食材をたっぷり摂りましょう。



シェアする

フォローする