高齢者こそ肉を食べましょう 筋肉の維持や認知症の予防にもなります

高齢になるにつれて「肉は胃もたれがする」とか「肉は硬くて食べづらい」と言う理由で魚ばかりを食べる人は多いと思います。

魚にはDHA、EPAなど脳や血管に良い栄養素がたくさん含まれているので、是非食べてもらいたいと思います。

しかし肉には魚にはない大切な栄養素が含まれているのです。

この栄養素は若者にとっても、高齢者にとっても必要な栄養素なのです。

高齢者にはなぜ肉類が必要なのか

🐷低栄養を防ぎ健康体に戻すため

高齢者が徐々に細くなっていくのは、筋力の低下にあります。

筋力の低下の原因は、高齢だからではなく多くの高齢者の食事が原因なのです。

糖質は脳へ栄養として送られていますが、たんぱく質は脳だけではなく、筋肉にも送られているのです。

🐮寿命を縮めることを防ぐための免疫力をつける

高齢者に多いのは「風邪をこじらせて・・・」と言う事があります。

この原因は免疫力の低下が原因なのです。

血中のたんぱく質の量は、高齢者になるにつれて減少していっています。

それを防ぐためには、たんぱく質が必要なのです。

たんぱく質には動物性と植物性がありますが、動物性(特に哺乳類)のほうが人間に近い遺伝子をもっているので、植物性よりも吸収がいいのです

ですので肉類を食べることによって、より多くのたんぱく質が吸収でき、免疫力を高めてくれるのです。

🐔寝たきりや認知症の予防

日頃からあまり体を動かしていない人が階段を上がったり、山登りい行ったら足腰に疲労感を感じるでしょう。

これが筋力の低下なのです。

高齢になると体を動かす機会が減り、機会が減るといざ動くとなると力が入らないので、ぎこちない動きになります。

この悪循環により、動くのが億劫になるので、じっとしている時間が増え、脳までも使うことが減るのです。

そしてベッドの上や椅子での生活が主となり、痴呆や認知症になるのです。

ですので肉類を積極的に摂ると、筋力を維持することができ、体を動かすのがスムーズになったり、脳も働いてくれるのです。

たんぱく質以外にも高齢者に必要な栄養素が含まれています

🐴ビタミンB群が豊富

ビタミンB群は、たんぱく質の代謝を高める働きをしてくれます。

ですのでたんぱく質単体で摂取するよりも、ビタミンB群と一緒に摂るほうが、より吸収率が高くなるのです。

ビタミンB群が不足すると、疲れやすくなるだけではなく、疲れが回復するのに時間がかかります。

🐗女性の味方だけではないコラーゲンも豊富

コラーゲンは細胞に油分、水分を閉じ込めてくれる美容成分の一つです。

このほかにも、コラーゲンは骨力を高めてくれるのです。

骨はたくさんの節々でつながれているのですが、コラーゲンが不足するとこの節の潤滑油がなくなるのです。

すると骨がもろくなり、些細なことで骨折したり、骨粗鬆症になる可能性も高くなるのです。

ただし、たんぱく質を食べるだけではコラーゲンは生成されないのです。

生成するには、ビタミンA、ビタミンcも一緒に摂ることが不可欠なのです。

緑黄色野菜や柑橘系のフルーツなども食べるようにしましょう。

このように肉類には、高齢者にとって不可欠な栄養素がたくさん含まれているのです。

ですから高齢者に限らず筋肉や体力がなく、悩んでいる人にも食べてもらいたいです。



肉を遠ざけている理由とその対策

🍖脂で胃がもたれる

高齢者に限らず、胃腸が健康でない人の多くがこの理由です。

対 策① 脂身の部分を切り落としてから調理する。

火を通してからだと、脂身が取れやすい。

策② 赤身肉や鶏肉の脂身の少ない部分を食べるようにする

対 策③マトン、ラム肉を食べるようにする

羊肉は独特の匂いと味があります。

しかし脂はサラッとしているので、胃に負担をかけることは少ないです。

そして体に蓄積されにくいので、ダイエット中に方にも向いています。

🍖硬いので食べにくい、噛んでいるとアゴが疲れる

対 策① スライスされた肉を使うようにする。

対 策② ブロックで購入した場合は、お酒や麹に漬け込んでから調理する。

お酒や麹の他、キウイや玉ねぎスライスと言う方法もあります。

そうすることで、肉の細胞壁が分解され、柔らかくなるのです。

対 策③ ミンチを利用する

ハンバーグですと、肉以外に野菜も取り込めるので一石二鳥です。

つくねの様に丸めて焼けば、余分な脂が落ちるので、これもヘルシーです。

挽肉がメインではなくても、マーボ豆腐やオムレツのように、具材の一品として使えばレパートリーも増えます。

まとめ

肉が嫌いな人は殆どいないと思います。

それなのに食べられないのは、とても残念なことです。

肉類はたんぱく質だけではなく、多くの栄誉素も含まれているのです。

肉とご飯と言う組み合わせではなく、野菜や汁物と一緒に食べれば、胃への負担も軽くなりますので、まずはそこから始めてみましょう。


シェアする

フォローする