健康にいい運動で得られる効果と日常生活に取り入れる方法

健康のために運動をしましょうとよく言いますが、何をしても健康に効果があるのでしょうか?

運動と言ってもウォーキング、ジョギングもあれば、水泳、スポーツ競技と様々です。

ここでは色んな運動の中で、健康にいいものをまとめてみました。

健康にいい運動によって得られる効果

① 気分転換

体を動かすことにより、新鮮な空気を取り込むと、血液が体内全てに酸素を送り込みます。

すると血液だけでなく、細胞も古い酸素を排出し、新しい酸素を吸収するので爽快感を感じます。

② ストレス発散

嫌なことがあった場合、その場で考え込まずに体を動かすと、脳が一時的にでも嫌な事を忘れようとします。

ですので運動が終わった後は、解決とまではいかなくても、気持ちが楽になるのです。

③ 骨が丈夫になる

運動をするということは、骨を中心にその周りの筋肉を使って体を動かします。

と言う事は、必然的に骨を鍛えていると言うことですね。

生活習慣病の予防

これは言うまでもなく、内臓脂肪や体脂肪を気にして運動している方が多いでしょう。

運動をすることにより、過剰摂取したカロリーを少しでも消費し、体内蓄積しないようにできるのです。

⑤ 免疫機能の増大

体を動かすことによって神経機能が刺激されます。

同時に脳も刺激してくれます。

このように体全体の機能を向上させることによって、免疫機能が上がるのです。

日常生活で簡単にできること

🚘歩くときは早歩きをする。

🚘エレベーター、エスカレーターはNG 階段を使う

🚘駐車場は出入口付近を探さず、遠い場所に停める

🚘年末の大掃除とは言わず、前もって少しずつ色んな場所を掃除する

健康にいい運動をするときの条件

⏲強 度

有酸素運動については「ちょっとキツいかな」位が適当です。

これを毎日行うの雄もいいですし、キツい⇒休憩⇒キツい と繰り返す運動も効果があります。

⏲時 間

体脂肪が燃焼するには、継続して20分以上必要と言われていますが、20分未満でも効果があるとも言われています。

ですので休憩をとりながら20分以上続けるのがいいでしょう。

⏲頻 度

毎日できれば、言うことはありません。

しかし同じ運動量でしたら、週末にまとめて行うよりも、最低でも週に3日~4日行うほうが効果があります。

筋肉は毎日鍛えるよりも、筋肉を休めながら鍛える方が、いい筋肉になるのです。

⏲運動を始める時の準備

・体調が悪いとき、運動をする場所の条件が悪いときは止めましょう。

・軽い運動をする前でも、柔軟体操や体をよくほぐしてから始めましょう。

・汗ばむ運動ではなくてもある程度の時間を運動する時は、一口でもいいので水分補給をしましょう。

無酸素運動は健康にいい運動ではない?

有酸素運動、無酸素運動、どちらも運動なので体に悪いことはありません。

ただ、無酸素運動は「健康」にいい運動と言うよりは筋肉を鍛える、競技する場合が多いでしょう。

一方、有酸素運動は体の表面だけではなく、内臓の健康向上にも影響する動きなのです。

ですので、目的が健康と言うのであれば、有酸素運動がではないでしょうか。

まとめ

健康にいい運動はと考えると、何か型にはまった動作を考えがちではありませんか?

まずは日常生活のなかで自分が出来る事から始めればいいのです。

そして慣れてきたら、他の人が行っている運動を観察し、いいものを取り入れればいいのです。

無理をせず継続していくことが、結果的に、心も体も健康になっていくのです。

シェアする

フォローする