昔ながらのすだれ 日よけ以外にも用途が色々あるのです

夏が近づくと、ホームセンターには遮光カーテンやブラインドの他、色々な暑さ対策グッズが売られています。

そこで必ず目にするのが、すだれです。

すだれと言えば、窓につるして、太陽の光を遮る役目をしていました。

ところが、ちょっと視点を変えると意外な用途もあるのです。

そこでなぜ、すだれが重宝されるのか、そしてすだれの様々な用途をご紹介いたします。

竹製スクリーン・簾 バンブー竹ロールアップ すだれ ロールカーテン 約88×170cm オーダー 調光 木製 巻き上げ 室内 おしゃれ 目隠し ホテル・料亭・旅館・居酒屋・古民家 ブラインド 節電 日除け 間仕切り ライトブラウン ベージュ

「すだれ」ならではの良さ

普段通りの使い方

すだれは通常、日よけとして戸の外側に吊るしていました。

これはブラインドと違い、赤外線量をカットしてくれるのです。

また幅だけではなく、長さも色々な扉サイズに合わせて作られています。

大きいすだれも風流

なかでもよしずと言う、巾、長さともすだれよりも大きいものもあります。

これは窓だけではなく、西日の当たる大きな扉などの日よけにも役立ちます。

巾4m、高さ2m~が主流で、日よけだけではなく、朝方に水をかけておけば、気化熱により外気より涼しい風が入ってくるのです。

【棕櫚縄】炭火よしず(たてず・たてすだれ)高さ300×巾180cm(炭火10×6尺)

エアコンの室外機にも重宝

部屋がなかなか涼しくならない原因の1つとして、室外機が熱くなっていることがあります。

これを防ぐときに、すだれが重宝するのです。

室外機を機能させるには

・本体に熱を溜めない

・通気をよくする

ことにあります。

すだれを室外機の前に5センチほど隙間をとって、全体を覆います。

そうすると直射日光をさけ、エアコンの効率をよくしてくれるのです。

涼しくなるし、無駄な電気代もかからないので、本当に重宝です。

すだれの使い方

すだれやよしずは、基本的に夏の日差しを回避するために使います。

①通常は窓の外側に取り付けます。

現在は様々な構造・造りの建物がありますので、マグネットやサッシに挟み込むタイプのものがあります。

また軒下にS字フックを付けて引っ掛ける従来の物もあります。

その他、手動ですがすだれを巻き上げるものもあり、片方だけであげるものもあれば、両端であげるものもあります。

②窓の内側に取り付ける

軒がないなど、外側に取り付けられない場合は、内側に取り付けることになります。

この様な時は、カーテンレールを利用したり、突っ張り棒をとりつけて、すだれに紐をいくつか付けて吊り下げます。

バンブーカーテン 100×175cm ( カーテン 和風 竹 竹カーテン 竹製 バンブー 和モダン 和 アジアン 間仕切り 日除け カーテン すだれ スダレ 簾 目隠し 仕切り 天然素材 アコーディオン アジアンテイスト )

③よしずの使い方

すだれは窓や幅がやや狭い2枚扉に吊るすサイズです。

しかし、玄関扉にすだれは出入りができない、縁側だと、いっぱいすだれをつるすのは見た目がどうも・・・。

この様なときはよしずです。

サイズが合えば、建物の壁にたてかけておけば、それだけで日よけです。

また斜めに立てかければ、隙間から出入りもできます。

④ちょっとした小物にも

最近は、すだれと言っても色んなサイズがあります。

日よけ対策以外にも用途が色々あるのです。

小さなすだれに好みの増加を飾り、壁に取り付ければインテリアの1つになります。

また、テーブルの中央に敷くと、ポイント的なテーブルクロスにもなりますし、その上に生花を置いてもステキだと思います。

竹・卓上すだれ D 25249 17-346-16【用美 Youbi 和食器 和モダン おしゃれ おもてなし 業務用 演出小物 テーブルマット】

まとめ

すだれ=日よけ と言うイメージでしたが、最近では用途が広がってきました。

すだれのいい所は、涼し気なだけではなく、風流な感じなところです。

すだれが夏風でゆらゆら動くのを見ると、気持ちが落ち着きますね。

竹すだれ 間仕切り 【お座敷すだれ 88×172cm】[送料無料・代引料無料] 竹すだれ 高級すだれ 間仕切り スダレ よしず 竹皮 御簾 バンブー すだれ 竹皮ヒゴ 簾 竹製 簾 上品

シェアする

フォローする