牛乳には種類がいっぱいあります それぞれの特徴と選ぶポイント

スーパーへ行くと、牛乳のコーナーに「成分無調整」「特濃」「低脂肪」などと色々な表示を目にします。

ウチは牛乳!と決めていても「成分無調整」があれば、「普通の牛乳とどう違うの?」と思いますよね。

また低脂肪乳は牛乳から低脂肪乳を作るの?と疑問におもうかもしれません。

そこで、牛乳と言われる商品の違いと、状況に合った飲み方を紹介致します。

牛乳と言われる飲料の区別

①牛乳(成分無調整も含む)

原材料は生乳100%です。

無脂肪入固形物8%以上、乳脂肪3%以上の物を言います。

②成分調整牛乳

牛乳から水分、ミネラル、そして脂肪の一部を取り除いたもの。

名前の通り、牛乳の成分を調整して作られたものです。

③低脂肪乳

こちらも牛乳の成分を調整するのですが、乳脂肪分を0.5%~1.5%にしたものです。

牛乳よりかなり脂肪分が少なくなります。

④無脂肪

乳脂肪分が0.5%未満で、ここまで調整すると加工乳と表示されます。

⑤特 濃

乳脂肪分4.5%のものを言います。

但しこの牛乳には3種類の作り方があるのです。

・牛乳に濃縮乳、クリーム、バター等を加え、人口的に特濃にしたもの。

・もともと濃厚な品種から採ったもの

・特に牛の品種は問わないが、冬になると動物は脂肪を蓄えるので、その時期を狙って濃い牛乳を採ったもの。

では一体どれを選べばいいの?それぞれの特徴

牛 乳

カロリーや栄養素にこだわらず「牛乳が大好き」と言う方は、好きな時に美味しく飲んでもらえばいいと思います。

コクもあるので、とても美味しいです。

但し、空腹時に冷たい牛乳を飲んだり、たくさん飲んでいると、腸の働きが良くなりすぎて、軟便若しくは下痢の原因となりますので、適量にしましょう。

低脂肪

脂肪分が少ないので、牛乳と比べると、コクが薄めです。

カロリーを気にしているが、ゴクゴク飲みたいと言う方にお勧めです。

無脂肪

低脂肪より更にコクが薄く、カロリー控えめです。

乳脂肪分の影響でお腹がゴロゴロしてしまう方、軟便になるけど牛乳が飲みたいと言う方に向いています。

また、乳脂肪分が低いので、コーヒーや紅茶に入れたり、料理で乳製品を煮込むと凝固して困る場合に適しています。

特  濃

濃いのに意外と牛乳よりもカロリーは低めです。

しかしカルシウムの他、たんぱく質、脂肪がかなり多く含まれています。

これは牛乳が大好きな方だけではなく、栄養不足、朝食を抜く人にお勧めです。

まとめ

牛乳と呼ばれる商品の違いが分かりましたか?

細かい成分量は別として、牛乳の味わいを基準にして、もっとコクが欲しいと思う時は特濃を選べばいいでしょう。

逆にコクが少し重いと感じる時は、低脂肪がいいでしょう。

でも、低脂肪乳は牛乳と比べて、カロリーが低いだけ と言うイメージが強いと思います。

しかし低脂肪乳は製造過程で、脂肪分を抜いた時に「脱脂粉乳」と言うものを加えているのです。

これによって、牛乳よりもたんぱく質の量が増えているのです。

これでまた、選ぶときに迷うのではないのでしょうか?



シェアする

フォローする