夏バテに負けない体をつくるポイントとおすすめ食材の紹介

毎年夏になると、この季節ならではの心配事が出てきますよね。

日焼け、熱中症、蚊、そして夏も後半に入ると夏バテが心配になってきます。

夏バテは知らず知らずのうちに、ダルさや食欲不振などの症状がでてきます。

出来ることなら夏バテにならないようにしたいものです。

そこで今回は夏バテ対策のポイントと、効果のある食べ物を紹介致しますので、夏に向けてそして夏が終わるまでの対策をとっておきましょう。

夏バテの原因

夏バテの原因は2つの要因から起きています。

1つ目は水分不足です。

汗をかくことで、ミネラルが失われて行くのです。

でも汗をかけばのどが渇くので、自然と水分に手がいくのですが、間違った水分の摂り方をしていると逆効果になるのです。

★アルコール飲料はカリウムを多く含んでいるので、飲んだ分以上に水分が出てしまいます。

結果として補給になっていないのですね。

★水だったらいいのではと思うのですが、ゴクゴクと一気飲みはよくありません。

一気に大量の水を胃に入れると、胃液が薄まり胃の動きが低下するのです。

そうなると食欲がなくなり、水分不足と栄養不足になるのです。

2つ目は栄養不十分です。

暑いと食欲がなくなり、そうめん、お蕎麦などの軽い食事が増えます。

のど越しのいい麺類のほとんどが炭水化物で、力の源にはなりますが、たんぱく質やビタミンが摂れていません。

そうなると必要な栄養が不足し、エネルギーに変えられなくなります。

その結果、疲労が溜まり消化機能が低下します。

消化機能が低下すると、当然食欲がなくなります。

この2つの要因によって自律神経の働きが悪くなり、夏バテを引き起こすのです。

夏バテ対策のポイント

①規則正しい食生活を送る

夏の暑さや、外と建物内の温度差から体温調節が難しくなります。

そうすると自律神経が正常でなくなり、食欲がなくなってくるのです。

だからと言って偏食などの不規則な食生活を続けていると、体にエネルギーが蓄えられず、夏バテになってしまいます。

少々食べる量が減ってもいいので、バランスのよい食事を摂りましょう。

②良質のタンパク質を摂り、脂質は摂り過ぎない

夏バテにならないようにと、ただたくさん食べればいい訳ではありません。

タンパク質は体の形成をする他に、筋肉維持もしてくれます。

タンパク質が不足すると、エネルギーが作られず、夏バテになってしまうのです。

魚介類であれば胃に負担がかからないですし、肉類も赤身であれば脂っぽくなくて食べやすいでしょう。

但し、肉類の脂身の摂りすぎには気を付けましょう。

③熱い飲み物、熱いものを摂る

暑いと、つい冷たい飲み物や冷たい食事を摂りがちですが、これは逆効果です。

暑さで疲れた体を冷やすと内臓までも冷え、自律神経の調子が悪くなります。

体を温めると代謝が良くなり、免疫力も上がりますので、温かいものを摂るようにしましょう。

④シャワーではなくお風呂に入る

若い人はシャワーで済ませることが多いのかもしれませんが、極力湯船に浸かりましょう。

温かい飲み物と同様に、お風呂に入ると体の末端まで温まり血行がよくなります。

体内の循環がよくなることで、代謝もあがり食欲も出てきます。

温めのお湯に20分くらいがちょうどいいでしょう。

夏バテ防止 おすすめ食材

①うなぎ

免疫力をアップさせるビタミンAが豊富に含んでいます。

他の栄養素を体内に吸収する役目を果たすビタミンB群も豊富に含み、高栄養な食材です。

ただし、少々高価なので夏の始まりにでも味わってはどうでしょうか。


②豚肉

タンパク質は筋肉の成長を助けてくれ、また筋力を維持してくれます。

そして豚肉のビタミンB群は、疲労回復やエネルギーの代謝に効果があります。

豚の冷しゃぶなんていいのではないでしょうか?

これだと火をあまり使わなくても料理が出来ますし、レタスやキュウリなどと一緒に食べればビタミンも摂れるので、一石二鳥ですね。




国産ブランドもち豚100g 100円~

③ニンニク・ねぎ・ニラ

豚肉やうなぎなどに含まれるビタミンB群の吸収を助けます。

豚肉とニンニクを焼いて、薬味にネギと言うのもいいですね。

ニラは炒め物によく使いますが、茹でてあえ物にしても美味しいので、時間をかけずに料理ができます。

にんにく好きにはたまらない【焼肉のたれ にんにく10倍】

④納豆・オクラなどのネバネバ食材

これらはエネルギー源になる食品ではないのですが、消化を促進し、胃の粘膜を保護してくれます。

納豆ご飯に刻んだオクラを乗せたり、そうめんの具材にこれらを乗せれば、たんぱく質ビタミンも摂れていいと思います。

冷たいものばかり食べて胃が疲れている時にちょうどいいでしょう。

⑤レモン・お酢・梅干し

これらの食材もエネルギー源ではないのですが、疲労物質を体外へ出してくれます。

レモンと果実酢でレモネードを作ったり、レモン+はちみつではちみつ漬けなど、ちょっとしたおやつに利用すればいいと思います。

梅干しはご飯と食べる印象が強いのですが、カリカリ梅なんかもいいと思います。

飴感覚でカリカリと食べれば、ちょっとさっぱりします。



TV雑誌で多数紹介
最高級原料使用の贅沢「お試しセット」が
今なら送料無料1500円でお取り寄せ。

まとめ

いかがでしたか?

夏バテの原因2つあり、それは連動しているものだったのですね。

水分不足になる ⇒ 疲労感 ⇒ 食欲低下 ⇒栄養不十分 ⇒夏バテ

こんな感じですね。

何か調子が悪いなと感じたら、レモネードや酢の物で疲労物質を体外へ出し、体力が回復したところで、うなぎや焼肉などのスタミナのある料理でパワーをつけるのがいいと思います。

いずれにしても、体調に変化が起きる前から予防を心がけることが一番です。

そうすれば猛暑が続いても健康な生活が送れるますよ。



シェアする

フォローする