カビの季節 場所別対処法で早期対策を!対策グッズも紹介します

梅雨に入ればカビが心配です。

除湿器を置いてもすぐにタンクが満水になります。

普段目につきにくい場所のカビは放っておくと、周囲の布団や雑貨にまでカビがついてしまします。

カビの生えそうな場所を確認し、早めに予防をしましょう。

『カビ対策セット』除菌・防カビ・抗菌・抗ウイルス・消臭・お風呂・トイレ・キッチン・エアコン・くつ箱・車・ペット臭・臭いや衛生管理に【あす楽対応_北陸_東海_近畿】

カビの原因

原因は水と湿気です。

目に見える水滴などは拭けばなくなりますが、触ると何だか湿っぽい。

布団、押し入れ、浴室の水滴がなかなか乾かない部分。

この部分にカビが生えやすいのです。

湿気が溜まりそうな場所や、水分がいつまでたっても乾かない場所を探してみましょう。

そして梅雨の前から、梅雨明けまで、きちんと対処していくことをお勧めします。

カビの発生する場所

・押し入れやクローゼット

・台所のシンク下

・浴室のタイルの目地

・下駄箱の中

・ベッドのスプリングと掛け布団の間

・壁や床を通して湿気が入ってくる場所の家具

これらの場所に共通しているのが通気性が悪い 日が当たらなので湿気が蒸発しないことです。

場所別湿気対処法

①押し入れ・クローゼット

押し入れやクローゼットは、開けると空気が動きますが、これによって通気性が良くなるのは開口部だけです。

奥まで風通しをよくすには押し入れであればスノコを敷きましょう。

木は水分を吸収してくれるので、通気性と水分吸収に役立ちます。

クローゼットの場合は、スノコが無理であれば、収納物を重ねるのではなく、ラックなどを使って隙間を開けるようにしましょう。

【メール便のみ送料無料】貼るだけでバイオの力で押入れのカビを撃退◆バイオ押入れのカビきれい[コジット]押入れ カビ対策 掃除がラク 臭い取り 簡単掃除 カビ取り 防カビ カビ防止 消臭 クローゼット 日本製 メーカー直送

②シンクの下

シンクの下は上部が水が流れ落ちる場所で、下は水が外へ排出されている場所なので、当然湿気が溜まります。

時々扉を開けて、湿気を外に出しましょう。

梅雨の時期は一度中の物を取り出して、カビの発生状態を確認しがてら防菌、除菌をしましょう。

消臭効果・防カビ効果がさらにパワーアップ◆ハイパワーバイオ シンク下のカビきれい[コジット]シンク下の天井に貼るだけ!床下収納庫にもオススメ嫌なカビ対策に 湿気取り 掃除がラク カビ取り 防カビ カビ防止 メーカー直送

③浴室

ここは水滴が残っていなくてもカビは発生します。

ユニットバスの場合は、水分が残るので放っておくと、水垢の原因になりますがカビは少ないです。

タイルの場合は、一見乾いている様でも、目地の中には水分が残っています。

ですので入浴後はタイルの水分を取った後、換気扇をつける。

もしくは窓をあけておきましょう。

【 2個セット 】 ニーズ 防カビ 消臭 バイオくん お風呂用 日本製 カビ対策 カビ防止 カビ おフロ 風呂 掃除 押入れ 下駄箱 バイオ メール便 黒かび カビ予防 かび予防 送料無料

④下駄箱

下駄箱のカビの原因は、履いていた靴をそのまま収納し、靴の中の湿気が下駄箱の中に充満したことによるものです。

その日に履いた靴は1日経ってから、下駄箱に入れましょう。

⑤ベッド

ベッド布団はずっと敷きっぱなしなので、ムレて布団が湿っぽくなります。

ベッドメイキングする時は、スプリングと布団の間に空気を入れましょう。

ベッド用のベッドパットを敷けば、寝ている間に出た汗などをスプリングまで行かせないので、ぜひ使ってください。



湿気対策グッズ

①除湿器

空気中から吸収した水分がタンクに溜まるので、どれだけ除湿したのかがすぐ分かります。

コンパクトタイプであれば、クローゼットのなかでも使えます。

【予約販売中】除湿機 除湿器 コンプレッサー式 送料無料 パワフル コンパクト【除湿 除湿乾燥機 除湿乾燥器 おしゃれ 部屋干し 室内干し 空気清浄 湿気対策 カビ対策 結露対策 梅雨対策 湿気 浴室 脱衣所 洗濯物 省エネ ベルソス versos】

②炭

炭表面に細かい穴があるので、ここで湿気を吸い取ってくれます。

バーベキュー用でも、100均のものでも十分効果はあります。

【消臭・調湿用竹炭】国産竹炭パワーで空気スッキリ!お部屋の消臭剤、脱臭剤、除湿剤に土窯づくりの竹炭(バラ)1kg/3畳用

③使用済みのコーヒーの粉

使い終わったコーヒー豆の粉を乾燥させた後、湿気の多い場所に置きます。

ストッキングなどに入れて、靴の中にいれておけば、湿気と消臭効果もあります。

まとめ

カビの対策法はいろいろありますが、まずは余分な水分を取ることが先決です。

風や熱で除湿する。

除湿用グッズで常に除湿しておく習慣をつける。

色々な方法がありますが、場所に応じて適切な除湿をしましょう。



シェアする

フォローする