トイプードルの毛はフワフワだけど実は寒さには弱いのです

トイプードルの毛は幼犬の時は直毛ですが、成犬になるにつれて巻き毛になります。

一見夏は暑そう、冬は暖かそうと思いがちですが、実は寒さに弱いのです。

その理由と対策を考えてみましょう。

なぜ寒い?

ワンちゃんの被毛にはシングルコートダブルコートの2種類の構造があります。

シングルコートは皮膚に近い場所に生えている被毛のみで、保温性があります。

一方ダブルコートはその上に外部刺激から身を守るトップコートが生えています。

柴犬、シベリアンハスキーなどがダブルコートです。

そしてトイプードルはシングルコートです。

ダブルコートと比べると、被毛が少ないうえにトイプードルの毛質は他の犬種よりも細く柔らかいのです。

つまり寒い時期には被毛の隙間から風が入るので

見た目よりもずっと寒いのです。

寒さ対策は?

①室内温度は20℃前後

設定は20℃でも、洋服を着ている場合は、もう少しだけ下げてもいいでしょう。

どのような素材の洋服を着ているか、状況に合わせて設定してください。

②暖房器具

どの暖房器具を使用するときも同じですが、暖房器具にワンちゃんが直接触れないようにガード等で囲みましょう。

安全性はもちろん、ワンちゃんが遊んでいてぶつかると、安全装置が作動し自動消火します。

すると飼い主さんが帰宅するまで、寒い思いをします。

ペット ホットカーペット PHK-M 犬 ホットマット ベッド 冬 おしゃれ かわいい あったか グッズ あったかグッズ ペットベッド 犬 猫 猫用 犬用 M Mサイズ小型犬 アイリスオーヤマ

③ホットカーペット

サイズも色々ありますし、人間用の座布団サイズからワンちゃん用もあります。

ただ温度が高くなると、低温やけどになる可能性がありますので、タオルを1枚敷くといいでしょう。

また、カーペットの上にドーム型のベッドを置くと、下は暖かいですし、ドームの中もぽかぽかしているので、一石二鳥です。

ただいたずら好きのワンちゃんの場合は、コードを噛む心配があるので、気をつけましょう。

④洋服

一番簡単な対策です。

犬の洋服を調べてみると、サイズや色だけでなく、Tシャツ、パーカー、セーター、などたくさん出回ってます。

なかにはダックス犬ようの着丈が長い商品もありました。

飼い主さんの楽しみも兼ねて着せてみてはどうでしょうか?

まとめ

トイプードルは寒さ対策が必要ですし、トリミングも欠かせません。

トリミングを怠ると、毛が絡み大変なことになります。

トリミングに行けば毛は短くなり、また伸びてきます。

その繰り返しなので、季節、気温だけでなく、毛の量も考慮して適温の状態にしてあげましょう。

夏のクーラーの中での生活にも気を配ってあげましょうね。

シェアする

フォローする