日焼けは予防も大切です 効果的な食べ物と日焼けグッズを紹介します

日焼け対策と言えば日焼け止め、日傘、サングラスなどのグッズがあります。

ところが日焼けに効果的な食べ物もあったのです。

日焼けに効果的な食べ物と、効果的な日焼け止め対策を紹介します。

効果的な食べ

①スイカ

すいかは夏の食べ物なので、暑さに強い食材です。

そのため紫外線から体を守りながらも、タップリの果汁で保湿力も高めてくれるのです。

糖度と日焼け止め効果は比例するので、甘そうなものを選ぶか、カットすいかの場合は

糖度表示のシールをよく見て糖度の高いものを選びましょう。

②トマト

トマトに含まれるリコピンが紫外線で傷ついたコラーゲンを修復したり、シワ・シミの素となるメラニンの生成を抑えてくれます。

選び方は残念ながら普通サイズのトマトでは含有量が低いので、あまりお勧めしません。

イタリア品種で表面がかぼちゃの様に波打っているフィオレンティーノがいいでしょう。

③さつまいも

ベータカロチンが豊富に含まれているので、日焼け対策に効果があります。

ポリフェノールも含んでいますので、シミの改善にもつながります。

ビタミンCはメラニンを改善してくれます。

選び方は、中味の色が濃い品種が効果が高いです。

④お茶

お茶に含まれるカテキンは日焼け予防と回復効果を持ち合わせています。

飲むだけではなく、緑茶が含まれる食品、保湿クリーム、化粧水なども効果があるので、ぜひ試してみましょう。

日焼け対策

①日焼け止め

陽ざしの強さに応じで、PA、SPFを見て購入しましょう。

乾いたままの肌では浸透しないので、洗顔後或いは化粧水をつけてから塗りましょう。

塗り方は均一に伸ばし、よく焼ける部分は2度塗りをするといいでしょう。

②日傘

最近は年齢を問わず、また陽ざしが気になってきたら、すぐに日傘を使うかたも増えてきています。

選び方は遮光率が高いものを選びましょう。

日傘は直射日光を遮るようにさしますが、地面からの照り返しにも紫外線があることも覚えておきましょう。

③サングラス

最近のサングラスはUVカットだけではなく、ブルーライトカットのものまで出回っています。

ですので日常生活やスポーツの場面でも使えます。

選ぶ時は、サイズの合ったもの、UVカット効果が高いものにしましょう。

④部屋でも注意する

外出しなければ大丈夫と思って安心してはいけません。

特に窓際は紫外線が入ってくるので、肌のダメージを受けるのです。

カーテンを閉めるか、窓際に長時間いることは避けましょう。

まとめ

日焼け止めクリームはすぐにできる対策です。

四季を問わず1本は購入しておきましょう。

男性は日焼け=小麦色のようなイメージを持っているでしょうが、長年直射日光に肌を当てているとシミになっていますし、皮膚がんと言うこともあり得ます。

未然に防ぐためにも、日焼け対策グッズを揃えて、日焼け対策食材をたっぷり摂りましょう。



シェアする

フォローする