はちみつは甘味料なのにがん予防や記憶力向上にも効果があった 

はちみつと言えばパンに塗ったり、ヨーグルトに入れたりと甘味的な役割をすることが多いです。

しかしはちみつは甘いだけではなく、豊富な栄養素が含まれており、健康にとってもいいのです。

どんな効能・効果があるのでしょうか?

はちみつの栄養素

①砂糖より低カロリー

砂糖は100gあたり約387Kcalなのに対し、はちみつは約294Kcalです。

甘党のかたは飲料に入れたり、パンに塗ったり、また料理で砂糖を使う時に代用すると砂糖よりも断然カロリーが低くなります。

②ダイエット効果

はちみつは砂糖よりも低カロリーなだけではなく、はちみつに含まれているアミノ酸が体脂肪を燃焼してくれるので、甘党のひとがダイエットの味方とも言えます。

③豊富なミネラルで健康体

はちみつに含まれる豊富なミネラルによって、血液や骨・歯などを丈夫にしてくれます。

なかでもカリウムの含有量が高いので、余分な塩分を体外に排出して血圧を下げてくれます。

④ポリフェノールでがん予防

ポリフェノールは抗酸化作用を持つので、活性酸素を撃退し、ガンの予防にもあります。

⑤咳止め効果

はちみつには強い殺菌力があるので、咳止めにも効果的です。

風邪気味、咳止めには小さじ一杯をお湯で溶いて飲むといいでしょう。

⑥二日酔いにも効

はちみつにはビタミンD2が含まれているので、肝臓の働きを強め、これにより二日酔いにも効くと言うわけです。

⑦疲労回復

はちみつにはビタミンB1が含まれていて、体内に入ると砂糖とは違い、短時間で腸壁から吸収され、血管にまで浸透するので、そのまま栄養となります。

そのため、疲れている時や運動後にはちみつを摂取することで、急速に疲労が取れるのです。

⑧記憶力アップ

1日小さじ3杯を毎日飲み続けると、記憶力が上がったと言う高齢のかたがいました。

はちみつは脳の前頭葉の発達に効くようで、前頭葉が活性化されることで記憶力が良くなるのです。

こんなにはちみつに栄養が含まれているのなら、ローヤルゼリーはもっと栄養価が高いのではないでしょうか?

確かにローヤルゼリーのほうが高価ですし、栄養価も高いです。

しかし、はちみつの栄養価を凝縮したものがローヤルゼリーではないのです。

はちみつとローヤルゼリーは別物なのです

◎はちみつ

単純に働き蜂が花や樹の蜜を運んで、ハチの巣に持ってくる、成分が糖質のものです。

◎ローヤルゼリー

働き蜂が蜜ではなく、花粉を体内で合成してハチの巣に運び、女王蜂や幼虫に与えるもの。

これは糖質ではなく、たんぱく質をはじめ、ビタミン・ミネラルが豊富に含まれています。

このように働き蜂が取ってくるものも違えば、ハチの巣に運んでくるものも全く違うのです。

はちみつは体の不調や甘味料として使うのが主な役割です。

ローヤルゼリーは糖尿病や骨粗しょう症の予防、加齢に伴う疾患及び筋力の低下対策、など体内の不調を整えたりするのが役割です。

ですので両方の栄養成分に応じて、どちらを摂取するべきか考えないといけませんね。



シェアする

フォローする