麹を毎日摂取すると健康を維持できるのはホントです

麹は調味料の様に直接料理に使うことは少ないと思います。

しかし、みそ、しょう油、みりん等を作る材料に麹が含まれているのです。

そして、この麹が健康を維持するためのすごいパワーを持っているのです。

麹に含まれる栄養素とその効果

①オリゴ糖

腸内環境を整える。

その結果、便秘解消となり、体の代謝アップにつながる。

②ビタミン類

炭水化物をエネルギーに変える。

疲労回復や精神安定作用、貧血予防、美肌に効果がある。

③コウジ酸

メラニンの活性化を予防

シミ・ソバカスを防ぐ。

④豊富なミネラル

他のビタミンと作用することで効果が増す。

血圧降下作用

骨粗しょう症予防

抗がん作用

抗炎症作用

⑤ポリフェノール

活性酸素を撃退してくれる。

抗酸化作用がガン防止にもなる。

⑥30種類以上の酵素

消化が自然に促される。

結果、胃もたれ、胃痛などの改善にも効果がある。

酵素を補わなければいけないのは何故?

人は体内に一定量の酵素を持っています。

それが消化代謝に振り分けて使っています。

ところが酵素は加齢とともに減少していっています。

そこで毎日麹を体内に入れることによって、体内の酵素を増やし、生きていく上で必要な代謝酵素に使うのです。

そうすることによって体の代謝が良くなり、健康維持に繋がるのです。

麹にはたくさんの栄養素が含まれているだけではなく、他の栄養素と共に作用して、色んな効果を生み出しているのです。

麹を使った簡単料理

あまりなじみがなくて使い方が分からな方へ。

料理に塩麹を使うと、簡単でレパートリーが増えます。

麹の匂いはあまりクセがなく甘味が少々あるので、塩と合わせると甘味と塩味両方が引き立ちます。

塩麹の作り方

①麹、塩(好みの分量)、水  以上

②これらを混ぜて、毎日1回は、かき混ぜながら1週間ほど室温で保存します。

③1週間待てないと言う方は、炊飯器を保温にしてつくれば、数時間で完成です。

塩レシピ

🐟肉、魚の切り身などを漬け込む

こうすることで、硬い肉も柔らかくジューシーに仕上がりますし、調味料もいりません。

焼いても揚げても大丈夫です。

魚はほんのり麹の味わいと風味が残るので、淡白な魚に向いています。

🍅和え物

トマト、きゅうり、長芋など好みの野菜を一口大の大きさにします。

これをボールに入れて、塩こうじと混ぜ合わせます。

🥒漬 物

漬物に使う野菜であれば、何でも大丈夫です。

薄切りにした野菜を漬け込む場合は、あまり長く置くと塩味が強くなりますので、短時間で食べましょう。

🥕蒸し物

かぼちゃ、にんじん、肉類、魚類、こちらもの好みの具材を、塩麹で絡めます。

それを蒸すだけで完成です。

スチームオーブンが面倒な場合は、耐熱皿にラップをかけて、電子レンジで加熱すれば短時間でできます。

まとめ

北陸地方では、2,3日塩漬けした「かぶら」にサバやブリを挟み、麹で漬け込む「かぶら寿し」が有名ですし、麹の中に硬い肉類を漬け込むと柔らかくなります。

どんな食材にでも合いますので、ちょっとした調味料感覚で使ってみてはどうですか。

シェアする

フォローする